ホーム > トピックス > 競馬場でニンジンをPR

トピックス

競馬場でニンジンをPR

大井競馬場で初のイベント
大井競馬場で初のイベント

 船橋経済センターは4月23日、東京都の大井競馬場でニンジンの、無料配布を行い、「船橋にんじん」及び「JAいちかわ」の知名度アップを図りました。

 このイベントは、同競馬場の協力で行う初の試みで、藤代孝七船橋市長も応援に駆けつけました。絞りたてのニンジンジュース150kg相当、新鮮なニンジン300kg(ともに1000人分)を開場の午後2時から午後8時まで無料で配布しました。

 「船橋にんじん」は大井競馬場の馬糞など、多くの有機物を利用し安心・安全な生産に取り組み、甘みが強いのが特徴。
 試飲した人からは「ニンジンっぽくなく、臭みがない」「スイカジュースに似ている」「どこで売ってるの?」などの声が上がりました。
「蜂蜜を入れてるんじゃないの?」と言う人には目の前で絞り、提供するなど、甘みの強さをアピールしました。

 場内では、「~船橋にんじん~JAいちかわ賞競走」も開催され、大きなPRと なりました。

 

 



ページTOPへ