ホーム > トピックス > あこがれの東京ドーム進出!アークカップ優勝!!

トピックス

あこがれの東京ドーム進出!アークカップ優勝!!

 当JA野球部は6月10日、東京ドームで開催された伝統ある軟式野球大会、第26回アークカップ決勝戦で、墨田区の59's(フィフティーナインズ)を2―1で下し、出場した128チームの頂点に立ちました。


 試合当日、組合員をはじめとする1,000人を超える観客が、応援に駆けつけました。


 二回裏一死二塁、染谷竜太選手の三塁打で安達竜三選手がホームインし、一点を先制。六回表で同点に追い込まれましたが、最終回、二死三塁、染谷選手、バッター米山慧(さとし)選手、相手チームの捕逸で、劇的なサヨナラ勝ちとなりました。


 野球部の柳井将志監督は「大舞台にも関わらず、緊張せず選手それぞれの実力を出せた。多くの方々の声援のおかげで優勝することができた」と応援団に感謝しました。


 大会MVP(最優秀選手)を平澤雅之選手が、優秀選手賞を染谷竜太選手が受賞しました。


 当組合の野球部は昭和40年に結成。学生時代から野球をこよなく愛し、社会人大会でも活躍したいと、情熱を燃やす職員達です。現在の18人の部員は、業務終了後2時間、休日は半日、練習に励んでいます。


アークカップ軟式野球大会公式ホームページ
アークカップ軟式野球大会公式ホームページ

 

試合前、応援団をバックに整列する選手たち。
当JA野球部の勇姿を一目見ようと、1,000人以上の応援団が駆けつけました。
大会MVPを受賞した平澤雅之投手。
積極的な攻めで、相手チームを揺さぶるナイン。
決勝点をもぎ取った瞬間。染谷竜太選手のスライディング!!
試合終了後、握手を交わす両軍の選手たち。
優勝が決まり、柳井将志監督を胴上げ。
表彰式が終わり、東京ドームで記念撮影。



ページTOPへ