ホーム > トピックス > いちかわ産フェスタを後援しました

トピックス

いちかわ産フェスタを後援しました

 9月2日、千葉県立現代産業科学館で地場産農産物を使った創作料理コンテスト「市川ぐるめグランプリ」が開かれました。


 これは、市民に元気な市川を実感してもらいビジネスチャンスを創出しようと、市川商工会議所といちかわ産フェスタ実行委員会が主催し、JAなどが後援した第8回「いちかわ産フェスタ」のイベントの一つです。


 昨年好評だった「市川のなし」を使ったメニューに替えて今年は、JAが特産化を目指すトマトを題材に、市内の飲食店11店舗が独自レシピを開発し、味を競いました。


 投票は、JAが協賛し作成し1,000円で販売したうちわ型クーポン券で3店を選び飲食し、クーポンに付く投票券をお気に入りの店に投票し、順位を決しました。


 2400を越える投票の結果、「まぐろのカリスマ」が出品した『まぐろの唐揚トマトソース』が「いちかわ産フェスタぐるめ王」に輝きました。


 来場者は、「地元農産物を使ったアイデア料理を味わうのが楽しみで毎年来ています」と話していました。


 イベントには126の企業などが参加。JAからは直売組合のみなさんら約20人が参加し、新鮮な梨や野菜を販売しイベントを盛り上げました。



 

雨天にもかかわらず、多くの来場者でにぎわいました
うちわ型クーポン券は当JAが手がけました
イベントを一緒に盛り上げたJA直売組合
ぐるめ王に輝いた「まぐろの唐揚トマトソース」を求める人々



ページTOPへ